2016年4月 8日 (金)

痩身エステの負けぬ

さて、そんな中。
カラオケを歌おうという人がまわりに乗せられ
突然マイケルジャクソンを選曲した。
珍しいチョイスだなと注目を集めるも
実はほぼ歌ったことがなく
かなりグダグダな仕上がりに(笑)
しかもマイケルの声質に合わせようとしても
彼の声はもともとカン高く、しかも独特な歌い方なので
きれいに似せて歌う、などという事はまず無い。
でもまあ、ちょっとした挑戦ということで
まわりからは大きな拍手をもらっていた。

ここまでなら、ほっこりした飲み屋の
小さなエピソードになっていたのだが
何がそうさせたのか、流れが少々おかしな方向へ。

「明日、24時間テレビだよね。」
「ランナーはTOKIOの城島リーダーだ。」
それじゃあ、痩身エステでアレ歌わないと。
誰かが加山雄三のサライを選曲。
ああ、24時間テレビのエンディングの曲かあ。
ランナーのゴールをみんなで歌いながら待つんだよな。
そんな事をぼんやり考えていると、何故かまわりが
一部、振り付けをしながら合唱しはじめていた。
「誰か走って来ないと」
「長いテープ用意して!」

«周囲の状況に痩身エステ

無料ブログはココログ